岐阜のITコンサルタントブログ

ITコンサルティングやビジネス関連の記事を投稿しています。

【体験談】岐阜でアチーバス(Achievus)というボードゲームに参加してきました

さとかずです。

連休ですね!せっかくの連休有効活用せなば!

ということで昨日の夜はアチーバス(ACHEIVUS)というカード(ボード)ゲームに参加してきました。

行われた場所は岐阜の駅近くのとある場所でした。

参加したのは異業種交流会つながりのfacebookつながりの友達の開催告知をみて、おもしろそうだと思ったのがきっかけです。

アチーバス(ACHEIVUS)とは

今回はじめて参加したので意味を調べてみました。

ACHHIVUSとはACHEIV(達成する)とUS(わたし達)を足した造語です。

みんなで「目的を達成することを学ぶ」ことを目的とするゲームです。

なんか難しそうですよね?

最初、この言葉を聞いただけではゲームの内容は全く見えてきませんでした。

ゲームの進め方

アチーバスはカードを使ったボードゲームです。

ゲームは4名ひと組のテーブルで行います。

17種類の人生に役立つ言葉が書かれたカードが山にあり、各自6枚の手札を持ちます。

手札は他のプレイヤーに見せないように進めていきます。

ゲームがスタートすると、プレイヤーは以下の3つを行います。

コール

コールは、テーブル上のプレイヤーを誰か指名し、自分が持っているカードを相手がもっているか問いかけます。

もし相手が持っていれば、そのカードに記してある得点が自分と相手に入ります。

また、相手と成立したカードは自分の手元に番号がわかるようにオープンして並べていきます。

ギブアンドテイク

プレイヤーの誰かにカードを伏せて一枚差し出します。

そして差し出した相手からカードを一枚もらいます。

プレイ

自分の手札の中にペアになっているカードを1枚は自分の場に並べ、1枚は捨て山に入れます。

このとき、得点は2倍になります。

なおプレイはしてもしなくてもよいそうです。

これらの3ステップをこなし、最後に手札が6枚に満たない場合は6枚まで補充します。

すでに6枚ある場合も1枚は必ず補充します。

あと、ゲームには時間の概念があり、各自のボードに時間を表すコインが置かれています。

コールのときに、相手とカードの組み合わせが成立しないときに、コインが1個減ります。

そして、誰かの時間のコインが無くなってしまったらゲームオーバーです。

この作業を繰り返し、個人では17枚のカードが全部、自分の場に並ぶことを目的に進めます。

アチーバスはチーム戦

実は、別のテーブルでも同じようにゲームを行っています。

上で、17枚のカードをそろえるのが目的みたいに書きましたが、他のチームとの競争もしています。

限られた時間内で、いかにチーム全員が17枚のカードを揃えられるかというのもゲームの要素になっています。

なのでコールで誰かが自分の持ち時間を失ってしまうのは、負けにつながります。

つまりこのゲームの目的は全員で達成(アチーバス)することを学ぶゲームだということに気が付きます。

やってみると面白い!

最初はなんだか難しそうって思えたゲームも、やり終えてみるとすごく面白いと思いました。

ゲームプレイ中はあだ名を呼び合って進めるということも実はあって、テーブルのみんなの仲良くなるのも目的になっています。

全体を通して学ぶことは協調性だったり、チームワークだったり。

トレーナーの方のお話では「大人からシニアまで楽しめるゲーム」だということですが、すごく理解できました。

わたしたちのチームはあともう少しでチーム全員達成できそうでした!

おしかった!(笑)

ちなみに自分は2番目あがりでした(^^)v

実は来週、別の交流会でもゲーム出来そうなので楽しみたいと思います。

それではまた!

ランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください